美容外科にて

笑う女性

最近では、空前のマラソンブームで、公園などではランニングする、多くの人を見ることができます。都市型の市民マラソンが増えてきたことで、より身近になってきていることで、参加人数も年々増加しています。その装いもファッショナブルなものが増えていることも、一度やってみようかな、と思わせる一因になっています。それでも、ダイエットを目的として考えた場合、走るのはちょっと、と考える人が多いのも事実です。そこで、ファッションはそのままに、少し体への負担が軽く、ケガもしにくいウォーキングをする人も増えています。年齢を問わずはじめることができ、ダイエットを考えたときにも、効果的で安全な有酸素運動の代表格で、継続することができれば、頑張っただけの効果が期待できます。実際、ウォーキングをするときには通勤通学を利用できれば、一石二鳥ですが、普段の移動が車という人にとっては、別に時間をとる必要があることと、防犯上の面から、取り組みにくい場合もあります。そういった場合には、家にいてもできる取り組みにシフトすることです。体を動かす点では同じ方向性ですが、こちらは体の本来持っている機能を最大限、有効活用する方法です。それはストレッチで、普段の生活では使うことの少ない場所を伸ばしたり、縮めたりすることで、体の隅々まで血液や、リンパの流れを高めてやることで、活性化が期待できます。それにより、体の末端の冷えや、むくみ解消にも役立ち、美容面でも大きな効果を発揮してくれます。